家のコンロが古くなったので、新しいビルトインコンロに交換したいなといった方もいるかもしれません。新しいビルトインコンロに交換すると気持ちよく調理もできるでしょう。けれど、気になるのは交換にかかる費用です。

高い買い物になるなら、と二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで、ここではそんな方に向けて、ビルトインコンロに交換するときにかかる工事費用について紹介したいと思います。

ビルトインコンロからビルトインコンロに交換する場合

ビルトインコンロとは、一体型でキッチンに組み込んで設置するタイプのコンロのことです。キッチンと一体化しているので外観がスタイリッシュに見えます。テーブルコンロのように隙間がなく、掃除がしやすいといったメリットもあります。

ガスを供給するホースはシステムキッチン裏側にあり、安全性が高いのも良い点です。ふとした弾みでホースを触ってしまったり、曲げてしまったりすることがないので、ガス漏れの危険を避けられます。このようなこともあり、ビルトインコンロは最近人気があり、新しくするならビルトインキッチンがいいという方も多いです。

それでは、ビルトインコンロに交換する費用はいくらかかるのでしょう。これは、設置するガスコンロの種類と今現在のキッチンの状態によって違います。現在ビルトインコンロを使用していて新しいものに交換したいといった場合は、コンロの本体価格と工事費が2万円ほど必要です。

このほか、ビルトインコンロとオーブンを同時に交換したい場合や、収納庫を一緒に交換する場合、オーブンを取り外して収納庫を設置するといったケースもあるかと思います。この場合は5万円前後の工事費用が必要です。

通常のガスを使うタイプのビルトインコンロならこの価格で交換できるのですが、IHクッキングヒーターのコンロに交換したい場合はかかる工事費が違ってきます。IHクッキングヒーターは火災がおこる危険が少なくキッチンの温度が上がりづらいため人気があるのですが、交換するとガスを使用するコンロよりも工事費は高いです。

IHクッキングヒーターのタイプにすると、11万円以上は工事費がかかってしまいます。

テーブルコンロからビルトインコンロに交換する場合

テーブルコンロを使用していて新しくビルトインコンロに交換する場合、設置するためにシステムキッチンに変更や、ガスの配管や電気の配線工事などが必要です。このため、交換費用は高くなります。テーブルコンロを設置できるように作られているキッチンに、ビルトインコンロを設置するためにはビルトインコンロ対応のシステムキッチンに換えなくてはいけません。

システムキッチンを新しくするには、最低でも50万円は必要になります。これに本体価格と工事費が必要です。工事費用は各家庭のキッチンの状況によって違ってくるので見積もりを確かめなくてははっきりとした数字はわかりません。

少なくとも工事費は、既存のビルトインコンロを新しくする際の工事費よりも高くなります。

専用キャビネットで費用は安くできる

しかし、費用が掛かるからといってテーブルコンロからビルトインコンロへの交換をあきらめる必要はありません。ビルトインコンロを設置するための専用キャビネットが販売されています。専用キャビネットを設置すると、テーブルコンロの使用を前提にしたキッチンでもビルトインコンロを使用できるようになります。

このキャビネットはリンナイ製品の場合なら、3万円から購入可能です。専用キャビネットなら工事費を加えて、別途工事が必要なければ工事費は6万円以内には収まるはずです。安くテーブルコンロからビルトインコンロへ交換したいといった方は、こちらを選ぶといいかもしれません。

工事費の内訳と別途費用がかかるケース

コンロを交換する工事は既存のコンロを取り外して、新しいコンロに交換し、ガスの配管を設置するといった流れになります。これらにかかるのが通常の工事費です。しかし、コンロの電圧に合ったコンセントの設置が必要なこともあります。

コンロに使用する電源が200vの場合、一般家庭で使用するコンセントの電圧は100vですので、使用できるようにコンセントの工事をします。

コンロを設置する場所にコンセントがないなら増設工事も必要です。

このほか、設置する際にコンロのサイズに合わせてキッチンの開口部を拡張する工事が必要な場合、ガス管の接続方法の変更やガス管の延長工事をしなくてはいけない場合、ガスコンロの搬入が困難で人手がかかってしまうときなどには別途工事費が発生します。

オール電化にしているご家庭なら、ガスの配管工事をしなくてはいけないため別途費用が必要です。ガスの配管工事をするとなると、少なくとも20万円はかかります。このほか、旧式のガスコンロを交換する場合は、処分の費用を請求されることもあります。

このように、ビルトインコンロの交換では事費は標準工事費以外にも費用が発生することがあります。このため、見積もりをきちんととって工事費がいくらかかるかをしっかりと確認してから工事を頼むようにしましょう。

その際は追加の費用が発生しないか確認しておくといいでしょう。

キッチンのリフォームならビルトインコンロ!メタルトップシリーズがおすすめ

費用をおさえたいのなら

ビルトインコンロへの交換費用が高くつくなと感じる方は、購入するコンロ本体を選びなおしてもいいかもしれません。高いビルトインコンロになると20万円はします。しかし、安いものなら本体価格5万円ほどで買えます。

コンロに使われている天板の選び方でも、本体価格の安いものを見つけられるでしょう。天板がガラスやステンレスのものよりもホーローのものを選ぶと価格は安くなります。本体を含めた総額で考えるとコンロ交換の費用を安くできるはずです。

くわえて、工事の見積もりをとるときは2、3社に依頼するようにするといいでしょう。費用の比較もできますし、他社の見積もり金額を引き合いに交渉してみると少し勉強してもらえるかもしれません。少しでも費用をおさえたいと考えているなら、本体は自分で安いものを探し、設置工事は別の業者に頼むといったこともできるでしょう。

通信販売ではビルトインコンロだけを安く販売しているところもあります。

自分で交換するのはNG!

ビルトインコンロへの交換でしてはいけないことは、交換費用を安くしたいからといって自分で交換しようと試みることです。ビルトインコンロの設置は自分でできないこともないとは思います。自分で設置すれば工事費もいりません。

しかし、ビルトインガスコンロはねじ込み式のガスプラグを使用しているので、工事をするには資格が必要です。ガス漏れの心配もありますから、必ず専門の業者に交換を頼みましょう。

関連『交換できるくん > ビルトインコンロ』https://www.sunrefre.jp/gastable/contents/compare.html